オープンソースソフトウェア管理

 

オープンソースソフトウェアを使用することにより、開発期間の短縮、取得費用の削減、単一メーカー依存の解消、高いサポートセキュリティなど、アドバンテージが得られます。 しかし、オープンソースソフトウェアを使用すると、ソフトウェアを製品に適用したときにライセンス義務が適用されない場合にリスクが発生します。 たとえば、一時的な差し止め命令、製品リコール、自社所有の知的財産であるソフトウェアの公開や、著作権違反による損害請求などのリスクがあります。

さまざまな義務に対するプロセスの定義

ボッシュエンジニアリングが提供するプロフェッショナルなオープンソースソフトウェア管理の導入手順では、多種多様なライセンスモデルのさまざまなライセンス義務を明らかにするための既存の社内プロセスの解析および評価作業を実施します。 また、トレーニングや需要分析とともに、プロセスソリューションの調整とその効果の確認もサポートします。


サービス内容:

  • オープンソースソフトウェアの取り扱いに関する既存の社内プロセスの実績と成熟度の評価、問題認識と必要な管理の需要に関するトレーニングと法的リスクの評価のサポート
  • オープンソースソフトウェア管理のための製品ベース測定とカスタマイズされたプロセスの導入(ホワイトリスト、ブラックリスト、ソフトウェアアーキテクチャ、必要書類、品質保証による承認とリリース)と開発ランドスケープでの統合、サプライチェーンでのオープンソース管理の導入(契約条項、サプライヤ監査)
  • オープンソースパーツでのスキャンニングソフトウェアのツールサポートの可能性に関するコンサルティングと、製品販売と流通のための必要書類の作成