To experience the full functionality of this website, cookies are needed. Please activate cookies and refresh your browser. After the refresh, a cookie management dialogue will be shown.

This website uses cookies for reasons of functionality, comfort, and statistics. You can change this setting at any time by clicking on “change settings”. If you consent to this use of cookies, please click “yes, I agree”. Our privacy policy

 

品質管理手法(FMEA)

 

品質管理を確実なものとするには、設定した目標を組織的に遂行する必要があります。 定評ある品質管理手法を、プロフェッショナルな目標志向で正しく適用することが大切です。

手法による達成

QM 手法はそれ自体に終わりはありません。複雑な作業を処理するためのシステマティックで分析的な手順が必要です。 正しい手法を選択し、目標に合わせてその手法を取り入れることが成功を左右します。

私たちのモデレーターとトレーナーは、この分野に長けており、トレーニングを積み、経験を交え、変化するトピックによって、個人と会社の可能性を広げます。 私たちは中心となる能力に重点を置き、 長年積み重ねてきたさまざまな経験が、重要なものを見極める力を高めています。 私たちは困難を知り、プロフェッショナルな手法を適正化するその価値を理解しています。

私たちは、「成功は他人を成功に導くことで得られる」という原則に従い行動しています。 目標手法と、独立したプロフェッショナルな適正化がどのようなものかを体験してください。 ボッシュエンジニアリングは皆さまを全力でサポートします。


サービス内容

  • 技術的なリスク管理用ツールとしての故障モードおよび影響解析(FMEA)の適正化
  • FMEA の基本と適正化に関するトレーニング、および実践に基づく APIS IQ-RM の使用トレーニング
  • FMEA プロセスと結果の評価
  • フォルトツリー解析(FTA)と故障モード影響および診断解析(FMEDA)の適正化(ISO 26262 で求められる基準の判断など)
  • 故障モードに基づく設計レビュー(DRBFM)に関するコンサルティングとサポート
  • 品質機能開発(QFD)の適正化
  • 企業での手法の使用方法を改善するための個別コンサルティング