安定化

 

フォークリフトトラックや後輪操舵型車両は、作業機械に求められるさまざまな要件を満たす必要があります。 これは、作業の効率、安全性、運転の快適性が焦点となり、車両安定システムはこれらのすべてを改善します、また、個々の作業機械に合わせて調整でき、 作業機械の不安定な運転状態の低減や転倒のリスクを低減します。 具体的には構成レベルに応じて速度を抑えたり、ステアリング操作に介入し、この結果、作業速度が向上し、危険な状況や事故を回避できます。 また、オペレータの作業負荷も軽減されます。 運転状況は、自動車分野から応用したセンサで記録されます。 データはコントロールユニットで処理され、必要となるパラメータをアクチュエータに供給し、オペレータに表示されます。