安全性

 

交通量が増加する中、車両の安全性が重要な問題になっています。ほんのわずかなスリップでも、命にかかわる事故につながる可能性があります。 ドライバーをサポートするために、さまざまなセーフティシステムが使用されています。 こうしたシステムは運転状況を事前に把握し、危機的な状況で車両を安定させ、事故が発生した場合に被害を最小限に抑えます。

 
 

ドライバーアシスタンス

ドライバーアシスタンスシステムは、インテリジェントセンサ技術を使用することで、車両周辺のみでなくハンドリングも常に監視して分析し、潜在的に危険な状況を早期に検知します。


ペデストリアンプロテクション(歩行者保護)

歩行者と自転車に乗る人々は特に、交通事故のリスクにさらされています。


乗員保護

ボッシュエンジニアリングは、Robert Bosch GmbH が開発したシステムを利用して信頼性の高い乗員保護を実現します。


車両の安定化

交通事故に対する最善の対策は、事前に防止することです。


ビークルダイナミクスマネージメント

ビークルダイナミクスマネージメント(VDM)では、エレクトロニックスタビリティプログラム(ESP®)とステアリング、パワートレイン、シャシーに関する他のアクティブビークルダイナミクスシステムをネットワーク化することで、車両のハンドリングを支援し、ドライバーのサポートを強化します。