快適性と機関士に対するサポート

 

Robert Bosch GmbH のコンポーネントをベースとして、車両と機関士のアシスタンス機能を表示して操作するための個別ソリューションを提供します。 たとえば、機関士の視野に収まるディスプレイや、テレマティックス、ECO アシスト、さらに車両バスシステムを介した各システムのネットワーク化などがあります。 鉄道車両情報をリンクすることで、列車の制御や危機的な運転状況で機関士をサポートするインテリジェントな付加機能を導入できます。 すべての開発作業では、安全性とともに、人間工学、操作性、デザインが重要な要素となります。 このように、ボッシュエンジニアリングは、鉄道車両に革新的な技術を確実にもたらします。

 
 

ディスプレイの最適化

ボッシュエンジニアリングは、車両と機関士の対話に関する問題をサポートします。